halhartley.com

ヘンリー・フール・トリロジー
 

“人生の複雑さと映画の未来を信じる理由を与えてくれる”
-タイム・マガジン

“比類のない創作物……映画ファンならこの作品群の重要性とインディペンデント映画史に果たす役割を見出すだろう”
-ピープルズ・ムービーズ


第51回カンヌ国際映画祭で脚本賞に輝いた名作『ヘンリー・フール』(1997)と、続編『フェイ・グリム』(2006)、『ネッド・ライフル』(2014)からなる“ヘンリー・フール・トリロジー”がDVD及びBlu-rayでBOXセット化。

3作品はそれぞれにまったく異なる個性を持っているが、ひとつのパッケージにまとまることで、世代をまたいで紡がれるある家族のドラマとハートリー監督の鋭い社会批評が浮かび上がる。

日本では『ヘンリー・フール』以外の2作は劇場未公開、DVD/Blu-rayもリリースされなかったため長らく“幻の三部作”となっていた。ハートリー自身がクラウドファンディングで資金を募集し、ファン待望の日本語字幕と初のBOXセット化が実現した。


・貴重な写真と書き下ろしエッセイ(英語)を収めた16ページのオリジナルブックレットを封入。

・『フェイ・グリム』のメイキングドキュメンタリー『 Making Fay Grim (or How Do You Spell Espionage?)』(17分)を収録。

・『ネッド・ライフル』に関連した短編映像作品『Some Days in April』(3分)を収録。

・日、仏、独、英、スペイン語の5カ国語字幕付き。

Products

Products

ASSEMBLE